FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

YouTube、始めました!(^o^)/

5月5日、こどもの日!
今年のGWも残すところあと1日となりました。

新型コロナ感染対策の緊急事態宣言期間中ということもあり、風の季も営業はしていますが、例年に比べてほとんどお客様はありませんでした。(^^;

でも今は新緑や草花が美しい季節でもあり、周辺に来る野鳥も入れ替わる時期でもあります。
本当ならお越しいただき楽しんでほしいところではありますが、不要不急の外出自粛要請が出ているので、YouTubeでご覧いただこうとペンション風の季のチャンネルを開設いたしました!
https://www.youtube.com/channel/UCsPI3nmjyt5m4hzLvq8vqGA

不慣れでもあり、iPhoneで撮影しているため、稚拙な動画ですが是非一度覗いてみてください!(^o^)/

ちなみに動画では撮れませんでしたが本日、キビタキが今年初お目見えしました!
DSC08618.jpg

先日はコサメビタキらしき野鳥も!
DSC08569.jpg

リスの動画も見られます!
DSC08579.jpg

YouTubeを是非ご覧いただき、コロナ疲れを癒してください!

カラマツの芽吹き

例年ならば、大型連休の前半戦の開始の時期ですが、大変静かな八ヶ岳南麓です。

この標高でもカラマツの芽吹きが始まりました。
萌木色や鮮やかな新緑の季節も間近です。
DSC08314.jpg

例年ならGWには山梨県にも大勢の観光客がお越しになるのですが、感染拡大防止のため県知事から「今は山梨に来ないで宣言」が出され、多くの観光施設はもちろん、大型ホテルも休業し、登山道、遊歩道も閉鎖されています。

DSC08391.jpg

高原大橋の駐車場もこの通り。
DSC08365.jpg

風の季も人数を制限して営業を続けていますが、GWの予約は全てキャンセルになりました。(^^;
仕方がないとはいえ、辛いですね。
せっかくなので、運動不足解消を兼ねて、周辺の県道沿いの歩道を散歩したりしています。
こんなに良い天気で若葉が美しくなってきた季節に散歩するなんて過去になかったことですし、初めて歩く道がかなりあることに新鮮な感動がありました。
車で観光スポットに行かなくても、ペンション周辺を歩いて回るだけで、綺麗だし景色は良いし、野鳥もたくさん見られるし、十分楽しめるんじゃないかと・・・。
非常事態宣言が解除されたらこういうの楽しみ方をおすすめしたいですね。

夜間は例の箸置きの追加制作をしています。
通販でも多少ご注文をいただいているのですが、本当に感謝ですね。
IMG_9305.jpg

非常事態宣言が当初の予定通り解除になりますよう、願ってやみません。(^^;

開業から満15年が経ちました…。

私たち家族がペンション経営を始めたのは、2005年4月、ちょうど15年前です。

img011.jpg

始めた当時も不安でいっぱいでしたが、今も不安でいっぱいです。(^^;
よもや世界がこんな状況になろうとは・・・、想像だにしなかったことです。

とはいえ、住民も少ないこの場所では、TVやネットの報道を見なければ、そんな状況は嘘のような静かな毎日・・・。
自粛要請の影響でかなり宿泊客も少なくなったので、過去のことを少し振り返ってみたいと思います。

そもそも何故ペンションを始めたのか・・・。(^^;
私の生まれ育った場所は千葉県柏市という土地で、東京のベッドタウンとして住民が急増し、混雑が日常の風景でした。
そういう状態が嫌で、子供のころから田舎に憧れがありました。
そんなわけで東京の大学に行くなんて考えられず、親に無理を言って地方都市(新潟)の大学へ。
1回生の時、友人と軽井沢へ旅行に行き、そこで初めてペンションに宿泊し、立地や雰囲気が気に入って、旅行と言えばペンション泊を繰り返しているうち、いつか自分もペンションライフを・・・と考えたのがきっかけです。
当時はペンションオーナーは多くの人にとって憧れの職業でしたね。今では考えられないけど・・。(^^;

大学を卒業後、保険会社に就職し、大学時代の友人である家内と結婚。
そこからペンションを買うための貯金を始めました。
その後給与が上がると贅沢はせずに積立を増やし・・、という生活が続きます。
手取り額が少ないのに家内は文句も言わず協力してくれました。
その頃には、ペンションは漠然とした夢で、ほとんど忘れかけていたのですが・・。(^^;

バブル崩壊後の営業第一線は、仕事としてはかなり大変で、残業はもちろん土日も仕事というのも普通でした。
でも妙なやり甲斐も感じていて、完全な仕事人間でしたね。

そんな中、駆け出し時代に神様のような存在であった大先輩が役員になれずに無念そうに定年退職していく姿を見て、このまま定年まで勤めたら後悔するのではないか?と考えるようになりました。

子どもたちも小学生になり、数年ごとの転勤による転校も、家内にとっても負担になって来ていたようですし、年に数回、ペンションの売り物件を見て回るようになりました。

簡潔に書こうと思ったのですが、相変わらず文章が下手で・・。(^^;
長くなってしまいそうなので、またにさせていただきます。

ちなみに本日の眞原の桜並木です。
この四月は例年より山がよく見える日が多いです。
コロナ騒ぎがなかったら、多くの方に雪山と北杜の桜をお楽しみいただけたのにと残念です。
DSC07930.jpg

春の権現岳(天女山~三ツ頭~権現岳)

桜の見頃で晴天なのに開店休業・・。(^^;
外出自粛と言われてますが、人のいない所なら問題ないはずなので、また山へ!

赤岳へ!とも思ったのですが、真教寺尾根はまだ少し危険と思われるので、積雪期の定番、天女山~権現岳へ!

天女山入口の駐車スペースには既に車が4台。他県ナンバーばかりです。(^^;
最近にしては少ないかな?

登山道が雪に覆われるのは海抜2,000mくらいから。
朝は冷えたので固くなっていましたが、昼頃からは春特有のグサグサ雪になります。
画像は三ツ頭の手前。雪の白さに空の青さが映えます。(^o^)/
DSC07581.jpg

4月なので、、多少薄いアウターで行きましたが、三ツ頭から先はやはり少し寒かったです。(^^;
三ツ頭での休憩は取らずに権現岳山頂へ!
遠くの山々の眺望もバッチリでした。
DSC07597.jpg

少し先の分岐点のビュースポットで大休止。
雪もずいぶんと少なくなりましたね。
DSC07608.jpg

山頂の大岩に腰かけていた時、すぐ下をイワヒバリが歩いていました。
DSC07620.jpg

さらに少し先にはホシガラスが・・・。(^^;
DSC07619.jpg

本日、出会った登山者は5組。うちソロが4組、ご夫婦が1組でした。
感染のことを考えると山とはいえグループでの登山は控えた方が良いでしょうね。

【本日の行程】
 8:47 天女山入口(標高1,367m)出発
 9:15 天の河原(標高1,620m)通過
10:42 前三ツ頭(標高2,364m)着、小休止
11:18 三ツ頭(標高2,580m)通過
11:57 権現岳(標高2,715m)着、少し先の分岐で大休止
12:20 下山開始
12:47 三ツ頭通過
13:02 前三ツ頭通過
14:05 天の河原到着、小休止
14:38 天女山入口到着

小淵沢神田の大糸桜

先の見えないコロナ不安・・・。困ったものですね。
大都市に比べれば、感染リスクは少ないと思われる地域ではありますが、外出自粛の影響で見頃の桜もほぼ閑古鳥状態です。

例年なら4月中旬に見頃を迎える小淵沢神田の大糸桜も早くも満開間近となりました。
DSC07441.jpg

樹齢4百年のエドヒガンザクラの変種・・だそうです。
数年前までは、樹勢が弱っていたため防風ネットを掛けていましたが、北側に風除けの植林を行い、見た目もとても良くなりました。
今日の午前中の様子ですが、見物人は他にはいませんでしたよ。(^^;

標高差の大きい八ヶ岳南麓では例年は約1ヶ月にわたって桜の花を見ることができます。
そういう訳で、最初に咲く神代桜が咲いているうちに大糸桜が咲くのは珍しいことです。
遠目に見ただけですが谷戸城址の桜も咲いていましたよ。
今年は無理ですが、桜鑑賞の観光バスツアーがあれば一日で見頃の桜をたくさんご覧いただくことができたでしょう・・・。

話は変わりますが、風の季のテラスに先週からイカルが来ています。
DSC07357.jpg

最近は春先に来て、しばらく滞在していきます。
DSC07506.jpg

風の季の庭木も芽吹いてきたし、良い季節なんですけどね・・・。(^^;
この週末から12日まで、パノラマの湯も臨時休業になりました。市からの要請があったみたいです。
この状態が収束するまでは、人が集まる施設はちょっと厳しいかもですね。
風の季では当面の間、ご宿泊人数を抑えて、感染対策を行っています。
私たちも少し離れておもてなしをさせていただきますので、安心して遊びにお出かけください!(^o^)/

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業16年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事