風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

今年初の赤岳登山!

先週から5月中旬並みの異常気温が続いています。
下から見る八ヶ岳の雪もずいぶん少なくなってきました。
ひょっとしたら、赤岳に登れるかもしれない!(゚ペ)?
急に予定が空いてしまったので、本日行ってみました。(^o^)/

※赤岳は八ヶ岳の主峰で風の季から日帰り登山をするには、真教寺尾根と県界尾根が登山口が近いのでおすすめです。
但しこのコースは、山頂下300mが鎖か梯子の連続する急斜面で、例年5月下旬にならないと雪に鎖が埋まっていて使えません。

県界尾根よりも真教寺尾根の方が雪解けが早いので、今日はそちらから登りました。
登山口は大門沢林道入口。スキー場のリフトで賽の河原下まで登ることもできますが、節約して下から登ります。((^┰^))ゞ

野鳥の囀りが聞こえます。近くに見馴れない野鳥が止まりました。カヤクグリです。ヽ(*^^*)ノ
DSC00829_convert_20180402182949.jpg

大門沢林道入口から雪があります!ちょっと想定外。(゚ロ゚屮)屮
行けるところまで行ってみようと進みましたが、多い所は50㎝以上の積雪で、ズボズボ、ズルズルと歩きにくいです。
おまけに気温が高く、汗がダラダラ出ます。、ヽ`(~д~*)、ヽ`

扇山を超えると目指す赤岳の雄姿が見えました。
DSC00842_convert_20180402183022.jpg

ペースの上がらない辛い上りが続きます。
ようやく竜頭峰と赤岳山頂直下に来ました。鎖場は始まっているのですが、雪に埋もれています。σ(^_^;)
DSC00844_convert_20180402183112.jpg

ようやく鎖が露出し始めました。もう体力は限界です。でもあと少しだけ・・・と進みます。
DSC00847_convert_20180402183201.jpg

どうにかこうにか竜頭峰まで到着しました。赤岳山頂は目の前ですが、足場が悪いので慎重に進みます。
DSC00851_convert_20180402183248.jpg

見えた!山頂標識!ヽ(^◇^*)/
DSC00857_convert_20180402183316.jpg

山頂には他に誰もいませんでした。昨年11月以来の赤岳山頂です。
登り始めの頃は山頂付近は青空だったのですが、ずいぶん霞んできていました。時折雪が舞っています。(|||_|||)
DSC00868_convert_20180402183344.jpg

予定より、登りに時間がかかったため、早々に下山します。
竜頭峰近辺にはイワヒバリがたくさんいましたよ!
DSC00887_convert_20180402183406.jpg

やはり真教寺尾根と県界尾根は5月下旬になってからの方が安全ですね。
とりあえず、1回来られて良かったです。(^o^)/

本日の行程
08:40 大門沢林道入口(1670m)出発
09:18 賽の河原通過
10:04 牛首山到着(2280m)小休止
10:28 扇山(2356m)通過
12:44 赤岳山頂(標高2899m)到着
13:04 下山開始
14:51 扇山通過
14:59 牛首山到着、小休止
15:34 賽の河原通過
16:02 大門沢林道入口到着



八ヶ岳南麓の桜情報!

3月とは思えないような陽気が続いています。
テレビを点ければ毎日のように桜の映像が流れていますが、ここ八ヶ岳南麓でも早くも名所の桜が咲き始めました。

昨日の神代桜(日本三大桜)の様子です。
DSC00637_convert_20180329193022.jpg
この時点では、三分咲きくらいですが、今日はもう見頃を迎えたようです。

そして本日の王仁塚の桜。
DSC00671_convert_20180329193047.jpg
こちらも5分咲き程度となっています。
今週末には見頃を迎えるでしょう。

天候や桜の木の種類にもよりますが、見頃の期間は短いので、早めにお越しいただくことをおすすめいたします。(^o^)/

※八ヶ岳南麓は標高差が激しく、桜の開花も標高の低い方から徐々に高い方に進んでいきます。
今回の2か所の桜の標高は400m~600mです。
例年1週間くらい後に700m前後の桜(真原の桜並木、清春芸術村、牛池、等)
その1週間後に800m前後の桜(神田大糸桜、谷戸城跡の桜、等)が見頃を迎えます。

桜鑑賞には泊りがけで余裕を持ってお越しいただきたいと思っております。
是非ご検討の上、お気軽にお問い合わせください。(^o^)/

春の権現岳登山 🌸🌸

ここ数日、気温の高い良く晴れた日が続いています。
北杜市の有名な桜も今週中には開花し、月末頃から見頃を迎えるものと思われます。

桜が咲く前にもう一度登山に行きたいと思い、本日また出かけてきました。r(^ω^*)

先週雪が降ったので、今年初の赤岳チャレンジはやめて、いつもの天女山から権現岳のコースです。

天の河原の先からの三ツ頭&権現岳。気温の割に空が青いです。ワクワクしますね。
DSC00543_convert_20180326154840.jpg

間もなく、三ツ頭。
先週の雪がかなり残っていますが、週末の登山客のおかげで踏み固められているので歩きやすいです。
DSC00555_convert_20180326154947.jpg

三ツ頭に到着!少し風がありますが、心地よいです。
想像通りの青空と赤岳&権現岳の雄姿!
DSC00556_convert_20180326155035.jpg

夏道とルートが違いますね。尾根にそのままトレースが付いていますがおかげで良い写真が撮れました。
DSC00571_convert_20180326155058.jpg

権現岳山頂到着!
岩の隙間は氷で埋まっていて、いつもより山頂は危険でした。
DSC00578_convert_20180326155149.jpg

山頂から少し先のギボシへの分岐で景色を楽しみながら大休止。
近くで人の声がしますが姿が見えません!「(゚ペ)
しばらくして、赤岳沢の方からバリエーションルートを登って来るグループがいました。
DSC00588_convert_20180326155318.jpg

赤岳&阿弥陀、特に赤岳を真南から見ることのできるこの山はもっと人気があっても良いのにと思います。
DSC00598_convert_20180326155222.jpg

下山時には雪がさらにゆるみ、ズルズルでした。しばらくはちゃんとしたアイゼンを携行することをお勧めします。

昨日、また阿弥陀岳で遭難事故がありました。
無くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
登山はどんなに注意していても大自然が相手なので事故をゼロにするのは難しいと思います。
でも技量、体力を考慮して、天候の状況も踏まえできるだけ無理の無い計画で実施すればある程度の事故は防げるのではないかとも思っています。
決して無理をしないように登山を楽しんでほしいと願っています。

本日の行程
8:12 天女山入口(1,367m)発
10:12 前三ツ頭(2,364m)着、小休止
10:50 三ツ頭(2,580m)着、小休止
11:36 権現岳(2,715m)着 大休止
12:30 下山開始
13:00 三ツ頭着、小休止
13:21 前三ツ頭通過
14:12 天の河原(1,620m)着、小休止
14:46 天女山入口到着

3月の雪 ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

関東甲信地方の山沿いで雪が降る?という予報が出ていましたが、今朝起きたらこんな景色。(;^_^A

DSC00324_convert_20180321090720.jpg

3月に雪が降ることはありますが、下旬に入ってからこの量はあまり記憶にないですね。
湿った雪ではありますが、積もる雪です。
正午現在、10cmほどになりました。

これは今朝の写真なのでまだ2cmくらいですが、カワラヒワも放心状態。( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
DSC00313_convert_20180321090749.jpg

雨雪の時の餌台は、キジバトには食べにくいので不人気です。ニャハハ(*^▽^*)
DSC00322_convert_20180321090804.jpg

明日は気温が上がりそうなので、一日で溶けちゃうと思います。
タイヤ替えちゃったし、明朝までに消えるように願ってます。(^人^)

権現岳(八ヶ岳)登山 (^o^)/

今週は高気圧に覆われて春の陽気が続きそう。
今日、もしも予約が入らなければ登山に行こうと考えていましたが、案の定入らなかったので行ってきました!
そろそろ赤岳にもチャレンジしたいのですが、まだ鎖場は雪で無理そうなので、冬季の定番、天女山~権現岳コースへ!

天女山入口にはすでに4台ほど停まっています。平日ですが晴天予報だからかな?
登山道の雪は天の河原近辺までありませんでした。

目指す三ツ頭&権現岳。右の方に赤岳も見えます。
DSC09957_convert_20180313170030.jpg

さすがに3月の雪なので場所によってはシャーベット状で崩れます。
元々歩きにくい登山道ですが、前三ツ頭まで結構しんどかったですね。

三ツ頭に到着!
先月は見ることができなかった、権現岳&赤岳の景色。今日は綺麗に見えてます。ヽ(*^^*)ノ
ここで、権現から降りてきた女性ソロの方と会いました。
道は問題ないそうです。
DSC09965_convert_20180313170104.jpg

権現岳山頂直下のトラバース。この場所の雪の状況だけ心配でしたが、思ったより歩きやすかったです。
DSC09972_convert_20180313170131.jpg

権現岳山頂到着!
ここで先行していたご夫婦?と遭遇。ご主人は20年振りの権現岳山頂だそうです。(と言ってもまだ30代?)
山頂の少し先の権現小屋の上の見晴らしの良い場所で昼食。
少し休み過ぎました・・・。
DSC09976_convert_20180313170225.jpg

権現山頂から少し下ったところで、野鳥発見!
急いでカメラを出して撮ってみたら、キレンジャクでした!オオーw(*゚o゚*)w
DSC09995_convert_20180313170400.jpg
前回も目撃していたのですが写真は撮れなかったので、感激です。
でも普段うちでは10m以内でしか撮らないので、それ以上遠くの野鳥撮影はきつかった・・・。

下山時は、登山道の雪もさらに緩み、歩きにくさが増してました。
所によっては、泥と混じってぐじょぐじょです。
あまり綺麗な靴では登らない方が良いかもしれません。(;^_^A アセアセ・・・

本日の行程
8:41 天女山入口(1,367m)発
10:41 前三ツ頭(2,364m)着、小休止
11:20 三ツ頭(2,580m)着、小休止
12:10 権現岳(2,715m)着 大休止
12:48 下山開始
13:21 三ツ頭通過
13:40 前三ツ頭着、小休止
15:18 天女山入口到着

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業13年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事