FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

行政区のこと・・・。「(゚ペ)

例年より降雪が極端に少ない冬でしたが、三月に入ってからは既に数回降っています。
今朝も起きたら今冬一番の積雪でした。(^^;
でも、水分の多い重たい雪で、これからの気温上昇を考えると今日中には消えてしまいそう・・。

DSC04446.jpg

タイトルの行政区のこと、少し書きます。
都会で言ういわゆる自治会のことで、風の季は大泉10区の大泉帰農地区の1班に所属しています。
先日、大泉帰農地区の年一度の総会があり、来年度からうちは班長&公民館役員になることになりました。
1班は現在7世帯で構成されていますが、地区構成員の高齢化が進み、班長候補は3名、3年に一度担うことになります。(^^;

行政地区の役割は、市および市議会、各種団体(交通安全協会、体育協会、公民館、社協、・・・)からの案内の配布、各団体への会費納入&役員の参加、道路愛護活動(清掃)、地区のゴミステーションの管理、地区行事の企画運営・・・が主です。

この地区という組織、加入は任意ですが、加入していないと、地区のゴミステーションは利用できません。(地区未加入者は役場まで持ち込まないとゴミが捨てられません。)
この点が、都会からの移住者にとって疑問・苦情の多い所のようです。

地区に入ると役員の分担があるので、それが煩わしいと感じ、そのため地区に加入しない移住者が大勢いるようです。
昔は移住者は地区に入れないという風習があった地区もあるようですが、最近はそういうことも聞かなくなったにもかかわらず、権利だけを主張する移住者が多いのも残念なことだと感じています。
元々の住民と移住者の間のトラブルはそういう部分も原因のような気がします。

たしかに不合理な点も多々ありますが、この土地にはここの歴史があり、郷に入れば・・・ということも必要なのではないでしょうか。

冬場の平均気温が例年より高かったためか、風の季の裏庭の紅梅が開花しました。
以前は4月下旬頃だったのに・・・。
DSC04466.jpg

雪の景色が楽しめる期間もあとわずかです。
下の方の桜の名所も3月下旬には開花することでしょう。

比較的楽な冬ではありましたが、そうは言ってもやはり厳しい季節なので、それが終わるのはほっとしますね。ヽ(*^^*)
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業15年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事