FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

快晴の権現岳登山 (^o^)/

昨晩は強い風が吹き、今朝は山がくっきりと見えています。
大型連休直前ではありますが、もったいないので登山に行くことに・・・。
今月は既に赤岳と西岳&編笠山に登っているので、天女山入口から権現岳に行くことにしました。

登山口に行く前に、高原大橋へ寄って八ヶ岳をパチリ!
左側の高い山が、これから向かう三ツ頭と権現岳です。
DSC02056_convert_20180426162835.jpg

例年、大型連休前に天女山頂までの県道が通行できるようになるのですが、今日はまだ通行止めでした。σ(^_^;
天女山入口の交差点脇に駐車して、登山スタート!

登山道はすっかり雪が消え、想像以上に乾いています。カラマツの芽吹きも始まり5月中旬頃の様相です。
標高1,800mくらいまでは気持ち良いハイキングコースのような道ですよ。
DSC02065_convert_20180426163001.jpg

海抜1,800mの道標を過ぎしばらくすると、登山道が急になってきます。
さらに、木の根っこや土と小石だらけの道なので滑りやすく、歩きにくい道です。
樹林帯の中で眺望も無く、これが前三ツ頭までずっと続きます。試練です。
先行していたソロ男性に追いつきました。あれ?どこかで会った人?今年この登山道で会った方でした。そういえば既に4回目ですから・・・。(;^_^A

前三ツ頭の手前から、いやらしい残雪が現れますが注意して歩けばアイゼンは不要です。

ようやく前三ツ頭に到着!左後方には南アルプスの雄姿が!春なのに意外にくっきりと見えてます。
DSC02072_convert_20180426163112.jpg
小休止後そろそろ出発しようと思っていたら、登って来る足跡が・・・。さっきの人かな?と思ったら別のソロ男性でした。
まさか追いつかれた? 「早いですね!」と声を掛けたら意外そうな顔。聞けば一般登山道とは違う道を登って来たそうです。すごいですね。しばし山の話を・・・。

三ツ頭に到着!
ここまで来ると、目指す権現岳と赤岳がドーンと見えます。疲れも吹き飛ぶ景色です。
赤岳は見る場所で形が異なりますが、ここからの赤岳が一番格好良いと思っています。(権現岳からの形はまた少し違うんです)
DSC02083_convert_20180426163152.jpg

権現岳、あと少しで山頂です。
登山道の雪は一部を除きほとんどありません。
DSC02087_convert_20180426163228.jpg

2ヶ所ある鎖場の一つ、雪に覆われて鎖は使えませんでしたが、端のロープを使って登攀できます。
DSC02088_convert_20180426163300.jpg

そして権現岳山頂到着!
権現岳山頂は、稜線にある大岩です。狭いので通常の山頂標識は建っていません。
その岩陰から北を見ると、赤岳と阿弥陀岳が間近に見えます。
DSC02090_convert_20180426163443.jpg
そこへ爽やかで愛想の良い青年二人が到着。
「僕たち権現小屋の小屋番をしてるんです!」連休から営業を開始するので新旧引継ぎ準備に来たそうです。
旧小屋番の青年は、昨年NHKの「新日本風土記」でも紹介されていた人物で、小屋番をしながら小説家を目指しているそうです。
この番組、なかなかよい番組だったので、風の季のお客さんにもさんざん録画をご覧いただきました。

権現岳山頂から少し先の稜線で大休止。
真下に、その権現小屋が見えます。
DSC02100_convert_20180426163538.jpg
この場所は、八ヶ岳の眺望がとても良いのでお気に入りの場所です。
主峰赤岳は登ってしまうと、その姿が見えません。赤岳を同じ目線で見えるのは、横岳の手前か阿弥陀岳かこの場所で、南北に長い八ヶ岳連峰を真南から見ることができるという意味でこの場所が一番良いのではないかと思っています。

少し先のゲンジー梯子の上から同じ角度の画像です。(冬季は雪が多くて行けませんでした)
DSC02111_convert_20180426163703.jpg

その場所から見る権現岳山頂と三ツ頭、遠くに富士山。
DSC02115_convert_20180426163742.jpg

美濃戸口から赤岳に登る登山道に比べれば、利用者も少なくマイナーではありますが、眺望は本当に良い道です。
機会があれば是非一度歩いていただきたいですね。

今日の行程
8:43 天女山入口(標高1,367m)発
8:58 天女山頂(標高1,528m)通過
9:09 天の河原(標高1,620m)通過
10:33 前三ツ頭(2,364m)着、小休止
11:16 三ツ頭(2,580m)着、小休止
12:03 権現岳(2,715m)着 大休止
12:52 下山開始
13:24 三ツ頭着、小休止
13:53 前三ツ頭通過
15:12 天の河原着、小休止
15:21 天女山頂通過
15:35 天女山入口到着
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業14年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事