風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

今年初の赤岳登山!

先週から5月中旬並みの異常気温が続いています。
下から見る八ヶ岳の雪もずいぶん少なくなってきました。
ひょっとしたら、赤岳に登れるかもしれない!(゚ペ)?
急に予定が空いてしまったので、本日行ってみました。(^o^)/

※赤岳は八ヶ岳の主峰で風の季から日帰り登山をするには、真教寺尾根と県界尾根が登山口が近いのでおすすめです。
但しこのコースは、山頂下300mが鎖か梯子の連続する急斜面で、例年5月下旬にならないと雪に鎖が埋まっていて使えません。

県界尾根よりも真教寺尾根の方が雪解けが早いので、今日はそちらから登りました。
登山口は大門沢林道入口。スキー場のリフトで賽の河原下まで登ることもできますが、節約して下から登ります。((^┰^))ゞ

野鳥の囀りが聞こえます。近くに見馴れない野鳥が止まりました。カヤクグリです。ヽ(*^^*)ノ
DSC00829_convert_20180402182949.jpg

大門沢林道入口から雪があります!ちょっと想定外。(゚ロ゚屮)屮
行けるところまで行ってみようと進みましたが、多い所は50㎝以上の積雪で、ズボズボ、ズルズルと歩きにくいです。
おまけに気温が高く、汗がダラダラ出ます。、ヽ`(~д~*)、ヽ`

扇山を超えると目指す赤岳の雄姿が見えました。
DSC00842_convert_20180402183022.jpg

ペースの上がらない辛い上りが続きます。
ようやく竜頭峰と赤岳山頂直下に来ました。鎖場は始まっているのですが、雪に埋もれています。σ(^_^;)
DSC00844_convert_20180402183112.jpg

ようやく鎖が露出し始めました。もう体力は限界です。でもあと少しだけ・・・と進みます。
DSC00847_convert_20180402183201.jpg

どうにかこうにか竜頭峰まで到着しました。赤岳山頂は目の前ですが、足場が悪いので慎重に進みます。
DSC00851_convert_20180402183248.jpg

見えた!山頂標識!ヽ(^◇^*)/
DSC00857_convert_20180402183316.jpg

山頂には他に誰もいませんでした。昨年11月以来の赤岳山頂です。
登り始めの頃は山頂付近は青空だったのですが、ずいぶん霞んできていました。時折雪が舞っています。(|||_|||)
DSC00868_convert_20180402183344.jpg

予定より、登りに時間がかかったため、早々に下山します。
竜頭峰近辺にはイワヒバリがたくさんいましたよ!
DSC00887_convert_20180402183406.jpg

やはり真教寺尾根と県界尾根は5月下旬になってからの方が安全ですね。
とりあえず、1回来られて良かったです。(^o^)/

本日の行程
08:40 大門沢林道入口(1670m)出発
09:18 賽の河原通過
10:04 牛首山到着(2280m)小休止
10:28 扇山(2356m)通過
12:44 赤岳山頂(標高2899m)到着
13:04 下山開始
14:51 扇山通過
14:59 牛首山到着、小休止
15:34 賽の河原通過
16:02 大門沢林道入口到着



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業14年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事