FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

甲斐駒ヶ岳登山(黒戸尾根コース)

今日も秋晴れ!
ここ数年恒例となっている甲斐駒ヶ岳登山に行ってきました。(^^)

甲斐駒ヶ岳は南アルプスの中に位置する日本百名山で、山梨県の北杜市と長野県伊那市にまたがっています。
北杜市側からの登山道は黒戸尾根コースで登山口との標高差が2,200ⅿもあるロングコース。
日本三大急登のひとつであり、登山愛好家にとって一度は登りたい憧れのコースでもありますが、ハードなコースのため、多くの登山者は比較的手軽な北沢峠からの登山道を利用しているようです。

風の季オーナーにとって、今回が4回目のチャレンジですが、日帰りで最低10時間はかかること、体力的に相当厳しいこと、南アルプスは熊がいることから、行きたいという気持ちもあるのですが、いつも直前まで躊躇する山です。

今朝は5時起きして、5時半前には出発!(登山口まで車で約30分かかります。)
登山口に向かう手前で朝日を浴びた甲斐駒ヶ岳の雄姿です。(あまり高く見えませんね。σ(^_^;))
DSC05504_convert_20170921174535.jpg

竹宇甲斐駒ヶ岳神社で安全祈願して、尾白川に架かる吊り橋を渡ります。(長い1日の始まりです。)
DSC05506_convert_20170921174616.jpg

広葉樹の中の長い長い登山道を登り、少し緊張感のある場所に到達しました。刃渡りです。八ヶ岳が良く見えます。
この場所も鎖が設置されているので、安心ですね。
DSC05520_convert_20170921174719.jpg
途中、昨晩七丈小屋泊の登山者が下山してきてすれ違いました。一人は中国人?の方でした。w(゚o゚)w オオー!

5合目に到着。目指す甲斐駒ヶ岳がここで初めて全貌を現します。この先から梯子鎖が連続する急登です。
DSC05525_convert_20170921174834.jpg
ここで休憩中、後ろから来たトレラン風の中年のソロ登山者に追い抜かれました。エッ!( ̄□ ̄;)!!
速さには自信があったのでショックです。

最初の梯子。ここに到達する前に刀利天狗前後に梯子はありますが、長いものはここからです。
DSC05526_convert_20170921174910.jpg
登山道に、梯子の交換用の部品が置かれていました。木製の傷んだ踏み台と交換する合成樹脂製のものです。
安全対策に力を入れている七合小屋の方たちが準備をしているようです。素晴らしい!d(゚-^*) ナイス♪

足が棒のようになりながら八合目御来迎場に到着。
時計を見ると! 5時間を切れるかもしれない!o(^-^)o
DSC05530_convert_20170921174949.jpg

山頂手前の景観スポット。修験道者の方による剣の刺さる岩と鳳凰三山、富士山の景色です。
今日は本当に良いお天気ですね。風もほとんどありません。
DSC05534_convert_20170921175044.jpg

足を引きずるように山頂に到着。結構人がいます。ソロ男性がほとんどかな?
写真を撮っている人に声をかけて、撮り合います。
DSC05546_convert_20170921175305.jpg
ちなみに、上りの所要時間は5時間5分でした。(#/__)/ドテ

昼食休憩後、下山を開始、また長い長い道のりを経て無事帰宅しました。
大変だったけど、今年も秋晴れの中、完登できて満足です。年齢的に日帰りはもうこれからは無理かもしれませんね。

今日のまとめ
5:55 竹宇駒ヶ岳神社駐車場(標高770m)を出発
7:09 笹の平(標高1339m)到着 小休止
8:12 刃渡り通過
8:25 刀利天狗(標高2049m)通過
8:55 五号目(標高2170m)到着 小休止
9:   七丈小屋通過
10:13 八合御来迎場到着 小休止
11:00 山頂(標高2967m) 到着 大休止
11:35 下山開始
12:08 八合御来迎場到着 小休止
12:44 七丈小屋通過
13:15 五号目到着 小休止
13:55 刀利天狗通過
14:07 刃渡り通過
14:59 笹の平通過
15:15 竹宇駒ケ岳神社駐車場着
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業14年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事