FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

観音平~網笠山、権現岳、三ツ頭の周回コース

北杜市内から八ヶ岳の登山口(天女山・観音平)に向かう2本の県道があります。
冬季は閉鎖になる道路ですが、先週末に規制解除になりました。

今年はまだ、編笠山に登っていないので、早速本日登りに観音平に行ってみました!

平日なのに既に4台の車が!人気のコース。
9:18 観音平(標高1,560m)出発!
DSC01879_convert_20170425181245.jpg

野鳥のさえずりが聞こえます。ルリビタキもいましたが写真は撮れませんでした。
押手川近辺から残雪が現れます。
DSC01887_convert_20170425181317.jpg

11:10 編笠山山頂(標高2,523m)到着。
他に2組の登山客がいたので、しばし談笑。思いのほかよく晴れています。
DSC01893_convert_20170425181346.jpg

少し物足りないので、権現岳へ向かうことに。
一度青年小屋まで降りて登り返します。振り向くと丸い編笠山が綺麗に見えます。
DSC01898_convert_20170425181426.jpg

ギボシに向かう登山道、夏場でも滑落者が」出る場所ですが・・・。
DSC01912_convert_20170425181503.jpg

ギボシから権現小屋に向かう稜線。積雪期に歩くのは初めて。
風が強かったらやめにしようと思っていましたが、今日は風も無くポカポカなので渡れました。
DSC01919_convert_20170425181559.jpg

権現小屋の上にある分岐点(権現岳の目の前)で赤岳・阿弥陀岳を見ながら昼食。
少し雲が出てきていますが最高に贅沢な眺めです。
DSC01922_convert_20170425181703.jpg

13:20 権現岳山頂(標高2,715m)登頂!そのまま下山します。
DSC01941_convert_20170425181937.jpg

14:01 三ツ頭山頂(2,580m)通過。権現岳からはシャーベット状の残雪でかなり歩きにくいです。
DSC01947_convert_20170425182016.jpg

三ツ頭から甲斐小泉方面へ下山します。ここもトレースがほとんどなく歩きにくいです。
16:30 八ヶ岳横断歩道に合流
16:52 観音平到着。

黄葉の時期に特におすすめのコースですが、残雪期はさすがに歩きにくいヵ所が多々でした。
GWにお越しの方も、軽アイゼン以上の滑り止めをご用意ください。
5月下旬になれば、夏山装備で大丈夫です。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業15年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事