FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

金ヶ岳&茅ヶ岳登山

今朝の最低気温(大泉気象観測所)は氷点下6.6℃。
風の季辺りは-8℃くらいでしょうか。水道管が凍結する寒さです。{{{{(+ω+)}}}}寒ううぅ~
冬は寒いし、お客様が少ないので、運動不足になりがちです。
その解消を兼ねて、今年未踏の茅ヶ岳に登りにいきました。

茅ヶ岳は八ヶ岳の南方にあり、風の季辺りからだと富士山の左側に目立って見える山です。常に逆光でまた山頂まで樹林帯なので黒く見えます。(実際は見えているのは茅ヶ岳の北側に並んでいる金ヶ岳ですが、茅ヶ岳の方が有名なので皆茅ヶ岳と言っています)
また、「日本百名山」で知られる深田久弥終焉の地であり、山頂に立つと奥秩父の山々、八ヶ岳、南アルプス、富士山と360度の大パノラマが楽しめます。

登山道として一般なのは深田公園からの登山道ですが、今日は明野から金ヶ岳経由で登ることにしました。
登山口の明野キャンプ場までは風の季から約20km、車で約30分です。

9:20 明野キャンプ場登山口(標高997m)を出発!
DSC06119_convert_20161212161524.jpg

だらだらと落ち葉と土の登山道を上がります。
山頂付近までは危険個所はありませんが、気温が上がると霜柱が溶けてぬかるむかもしれません。

ずっと雑木林の中の道ですが、落葉した後は、途中から目指す金ヶ岳と茅ヶ岳を枝の間から垣間見えます。(「・・)
DSC06120_convert_20161212161550.jpg

山頂手前は、細い稜線沿いの険しい道になります。慎重に歩きましょう。
この辺りでは、北側に八ヶ岳全景が望めます。(「・・)
DSC06126_convert_20161212161657.jpg

10:43 金ヶ岳山頂(標高1764m)登頂!小休止。
二組の登山者がいました。
ここは眺望がありません。(茅ヶ岳より高いんですけど・・・)

11:25 茅ヶ岳山頂(1704m)登頂!
空高くに雲がかかりましたが、富士山も綺麗に見えます。(o^o^o)
DSC06150_convert_20161212162440.jpg

山頂も霜が溶けるとぐちゃぐちゃになるのですが、今日は気温が低かったので、大丈夫でした。
DSC06162_convert_20161212162211.jpg

昼食を取って、11:54 下山開始。
千本桜に降りて、林道を通り、登山口まで戻ります。
千本桜までは、道標もほとんどなく、心配しながらの登山道です。利用者も通年ほとんどいないようです。
また、小石と土と落ち葉の道なので、滑ります。下りは特に危険ですね。

13:45 登山口到着。
家に帰り、近所のパノラマの湯に行って、露天風呂からまた富士山を楽しませていただきました。(;^_^A

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業15年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事