FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

八ヶ岳(赤岳)登山

八ヶ岳南麓は今、カラマツの黄葉が見頃を迎えています。
今日は特によく晴れて風も無いという極めて観光日和なのですが・・・お客様の予定がありません。(*_ _)

それはそれで、登れるうちに!登山に行ってきました。
今週の初めに山頂付近は雪が舞ったらしい赤岳に県界尾根ルートから登りました。

写真やたら多い記事で申し訳ないですね。よろしくお願いします。(*- -)(*_ _)

登山口に向かう途中の高原大橋。ここからの黄葉の見頃が始まりました。
山の眺望も良いし(橋の上からは富士山も見られます)、気持ち良いですよ!
DSC04336_convert_20161104195546.jpg

8:10 大門沢林道入口(標高1670m)を出発。沢沿いなのでクマに遭遇しないことを祈りながら歩きます。
普段は野鳥が周辺を飛び回っているのですが、クマよけ鈴を鳴らしているので寄って来ません。σ(^_^;)
DSC04338_convert_20161104195614.jpg

8:33 県界尾根登山口通過。
沢から尾根に上がる傾斜が急な登山道を上がります。けっこう長いです。
その途中からの大門沢と赤岳。もう少し早い時期だったら黄葉がさらに綺麗だったことでしょう。
DSC04340_convert_20161104195632.jpg

9:01 尾根に到着。
9:05 小天狗を通過。
小天狗の少し先に眺望の良いスポットがあります。ここで小休止。風がなく思ったより寒くはありません。
DSC04347_convert_20161104195700.jpg

ここで赤岳山頂を望遠で撮影。パウダースノーをまぶしたような白さですね。
DSC04349_convert_20161104195719.jpg

木陰の登山道にも雪が現れました。普通に歩ける程度です。
大天狗の手前までは気持ち良いハイキングコースのような道です。
DSC04352_convert_20161104195748.jpg

9:50 大天狗通過。
この手前から少し傾斜が急になります。もうじき鎖場が始まります。
DSC04354_convert_20161104195826.jpg

10:16 鎖場(2620m)スタート。
日陰は結構雪が付いています。下りはアイゼンを装着した方が良いレベルです。
DSC04357_convert_20161104195856.jpg

鎖場の途中から横を見ると、横岳から先まで見事な眺望です。
DSC04359_convert_20161104195931.jpg

山頂小屋の一部が見えてきました!あと少しです。
DSC04360_convert_20161104200000.jpg

登り切りました。山頂は目の前です。主尾根に上がると風があり、ちょっと寒いです。山頂小屋の温度計は-4℃でした。
10:56 赤岳山頂(2899m)到着。
11月の平日なのに10名以上の登山客がいましたよ。「こんにちは!」「お疲れ様です!」皆良い笑顔をしています。
DSC04381_convert_20161104200136.jpg

定番の山頂からの富士山。山梨県の県境から県境の景色です。
DSC04364_convert_20161104200023.jpg

先日登った三ツ頭、権現岳、編笠山。バックに南アルプスが!
DSC04367_convert_20161104200105.jpg

阿弥陀岳の向こうに諏訪湖が見えます。意識したことなかったなぁ。w(*゚o゚*)w
DSC04387_convert_20161104200218.jpg

そして赤岳山頂と富士山。横岳からも同時に撮れますが、こんな感じはここだけ!
DSC04389_convert_20161104200255.jpg

11:27 下山開始。
13:56 大門沢林道入口到着。

今日は無風でしたが、風があると体感温度は極端に下がります。
これからの季節の登山には防寒ウェアが必須です。また軽アイゼン以上の装備も携行した方がよいと思います。
また、県界尾根コースは冬季は鎖場が雪と氷に埋もれてしまうので、装備の無い方、単独者は登山禁止となります。
(今後の気温にもよりますが次に雪が降ったら危険かもしれません)

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業15年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事