FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

金峰山・瑞牆山登山(その1)

今週は、晴れ予報が続いているので、是非山へと考えておりましたが、本日、春からの念願の「金峰山(きんぷさん)」に登ることができました!ヽ(^◇^*)/ ワーイ

金峰山は秩父山系にあり標高は2599m。日本百名山の一つでもあります。
山頂は少しだけ北杜市から外れて甲府市と長野県川上村の境です。
風の季近辺からも見えますが、平坦で高い山という見た目で、近くにある瑞牆山に比べると地味なイメージです。
瑞牆山は前面にあるので近くから眺めることもできますが、金峰山は近くから見ることができません。

そんな訳で今まであまり興味がなかったのですが、今回あらためてその素晴らしさを痛感しました!

登山口は、みずがき山荘の無料駐車場を利用します。ここは瑞牆山の登山口でもあります。(瑞牆山登山者の方がずっと多いようです。)(#/__)/ドテ
DSC09617_convert_20141008184705.jpg
車は100台くらい停められそう!広いです。
駐車場脇の林道を歩いていきます。車道でもあるので平坦です。紅葉ハイキングにも良いかも!
風の季からは野辺山、川上村、信州峠経由で約33km。コンビニでお弁当を買って約40分かかります。
7:30、登山開始!

林道から普通に整備された登山道に入りしばらくすると「富士見平小屋」に到着。
ここで瑞牆山への登山道と分かれます。
トイレはここで済ませてください。(有料)(#/__)/ドテ
DSC09552_convert_20141008175420.jpg

ところどころ紅葉した樹林帯をひたすら登ります。
大日小屋を過ぎしばらくすると大日岩に到着。
岩というより山というサイズです。都会のビルのよう!大きいです。w( ▼o▼ )w オオォォ!!
少し眺望が開けています。
DSC09554_convert_20141008175710.jpg

そのあとまた樹林帯。先日の台風で散った?紅葉が登山道を敷き詰めています。実物はもっと綺麗でした。
DSC09565_convert_20141008180012.jpg

「砂払の頭」に到着。ここから山頂までは稜線道です。
大小の岩だらけの道ですが、眺望がすごいです!
DSC09566_convert_20141008180503.jpg

先に見える突起が「五丈岩」、その先の三角が山頂のようです。
稜線以外はハイマツに覆われ、牧場のようです。
そして360度開けた眺望!( ̄ロ ̄;)(今日は雲海に覆われて下界は見えませんでしたが・・・)
DSC09574_convert_20141008180637.jpg

五丈岩のすぐ先が山頂です。中サイズの岩が重なり合っています。
山頂付近は登山者もそこそこいますね!
DSC09579_convert_20141008182028.jpg

瑞牆山と雲海に浮かぶ八ヶ岳。この二つの山が同方向に見えるのはこの場所だけ?
DSC09581_convert_20141008183021.jpg

五丈岩の奥の方には南アルプス。この五丈岩、結構薄いのです。向こう側に倒れそう。・・・(゚_゚i)タラー・・・
DSC09588_convert_20141008183238.jpg

他の登山者の写真を撮ってあげたら、お返しに撮ってくれました!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
DSC09591_convert_20141008183338.jpg

山頂付近の稜線の景色と点在する巨岩の姿を見て、日本百名山に選ばれる訳が分かったような気がします。

この後、富士見平まで下りて瑞牆山に向かいます。(残念ながら直接結ぶ登山道はありません。)
明日またご報告させていただきます。(^o^)/

今日の行程
6:40(風の季発)=7:25(みずがき山荘駐車場着)=7:30(登山開始)=8:00(富士見平通過)=8:30(大日小屋通過)=8:50(大日岩着)=9:20(砂払ノ頭着)=10:10(金峰山頂着)=10:40(金峰山頂出発)=12:20(富士見平着)
※タイムはせっかちモードなので参考にしないでください。σ(^_^;)アセアセ...
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業15年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事