FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

赤岳登山(県界尾根&真教寺尾根)

まきば公園のヤマナシの花(正確にはアオナシ?)が開花したと聞き、視察をしてから赤岳登山に向かいました。
新緑のまき場に白い花!年に数日だけの景色ですから、貴重です。
ここ数日中にお越しの予定の方は是非足を運んでみてください。
ついでに牧場内のハイキングなどいかがでしょうか?(^o^)/

DSC07226.jpg

5月も中旬に入り、例年なら県界尾根の登山道も雪が少なくなってきている頃なので、今日は県界尾根から!
小天狗の先のビュースポットからの赤岳&横岳です。(なんか天気が怪しいですね)(-_-;)
昨年は今頃横岳付近でツクモグサの花が見られたのですが、今年はまだまだ雪に埋もれていそうですね。

DSC07232.jpg

この後、登山道は雪に覆われている場所が多くなりますが、圧雪で比較的容易に進むことができました。
鎖場の開始地点に到着。(向こう側、雪が無いですね。行けるかな?)「(゚ペ)
DSC07241.jpg

その向こう側から鎖&梯子が連続します。(雪、無いですね。)
DSC07242.jpg

でもこの後、鎖はほとんど圧雪に覆われていました。(_ _。)
手がかりもほとんどない雪渓を登らないといけません。引き返そうかと思いましたが、残り200mくらいだし・・と通常の登山道以外の登り易そうなルートを四つん這いで上がっていくと・・。
山頂小屋のトイレの下に出ました!ヽ(^◇^*)/
(ちなみに正規の県界尾根ルートは小屋の右側のタンクの横です。)
DSC07243.jpg

すっかり雲に覆われた山頂に到着!令和になって初めての赤岳山頂です。
眺望は無いし、靴はびしょびしょなので、早々に下山開始。
DSC07244.jpg

下りは県界尾根よりは安全そうな真教寺尾根を使いました。
鎖場の核心部では雪が無かったのですが、樹林帯は深さ50cm以上の腐れ雪が残っています。o(;△;)o
そこら中が落とし穴状態で、非常に疲れる道でしたが、なんとか無事下山。
この両登山道は6月上旬まで雪が残りそうな感じですね。
様子を見て次回は6月前半にツクモグサの花を見に登ってみることにしましょう。

ちなみに今日は最初から最後まで一人も遭いませんでした。(;^ω^A

【本日の行程】
8:58 大門沢林道入口(標高1,670ⅿ)を出発
9:53 小天狗通過、少し先のビュースポットで小休止
10:56 大天狗(標高2,440m)通過
11:40 鎖場開始地点(標高2,650ⅿ)、小休止
12:43 赤岳山頂(標高2,899m)到着、小休止
12:59 下山開始
14:45 牛首山(標高2,280m)到着、小休止
15:28 賽の河原通過
15:58 大門沢林道入口到着
スポンサーサイト

新緑の吐竜の滝 (^o^)/

今、風の季の周辺は新緑がとっても綺麗!
お客様にもお勧めしている景観&野鳥スポットの「吐竜の滝(どりゅうのたき)」まで行ってみました。

風の季から車で5分ちょっとで吐竜の滝入口の駐車場、そこから10分弱、山道を歩くと滝に到着します。
この山道もとっても気持ち良いのです!
DSC07067.jpg

これが「吐竜の滝」。崖から湧き水が噴出しているんですよ。
だから水温が年中変わらないんだそうです。
DSC07061.jpg

ついでに、小海線の鉄橋の上まで行ってみました。(危険です!良い子はマネをしないでね。(^^;)
DSC07072.jpg

滝までの道脇でしばらく待機していたら、オオルリがやって来ました。ヽ(^◇^*)/
野鳥の鳴き声はたくさん聞こえていますが撮影するのは難しいですね。
DSC07095.jpg

新緑がとても綺麗で、気温も寒すぎないし、2、3時間は楽にいられそう・・・。(^^;
野鳥を見たい方は朝のうちがおすすめでしょうか?

この場所、夏も避暑スポットとしておすすめの場所なんです。(^o^)/

令和時代の初登山(観音平~編笠山~権現岳~三ツ頭)

令和になって初めての登山は観音平から編笠山、権現岳、三ツ頭の周回コース!(^o^)/
(観音平登山口は北杜市の登山口では一番人気がありますが、冬季は道路が閉鎖されており、GW前に通行できるようになりました。)

登山口の駐車場には既に車が4台停まっています。(途中で会えるかな?)

編笠山は危険個所が無く小学生の遠足登山でも利用されますが、この時期はまだ山頂付近に着雪があります。
今日も押手川から上は圧雪が凍っていました。w( ▼o▼ )w
山頂からの南アルプスの眺めが圧巻です!(今日は少し霞んでました・・)
DSC06831.jpg

青年小屋に向かって一旦下ります。道は圧雪です。
目の前に目指すギボシ&権現岳の雄姿が・・・。
DSC06840.jpg

ギボシ山頂付近から見る権現岳山頂。随分と雪が少なくなりましたね。
DSC06849.jpg

権現岳山頂の手前(権現小屋の少し上)がお気に入りのビュースポットです。
山頂付近でもウグイスが盛んに鳴いていました。o(*^▽^*)o
DSC06855.jpg

権現岳山頂の前後でソロの男性2組とすれ違いました。(2組とも私とは逆ルートだったようです。)

権現岳山頂には普段は無い賽銭が・・・。GWで来た人たちでしょうか?「(゚ペ)

権現岳を降り、三ツ頭から振り返って権現岳と赤岳のツーショット。(今年すでに7回目の景色です。)
DSC06864.jpg

三ツ頭から観音平に降りる途中、ルリビタキがいましたよ!
随分高い場所まで上がってきているのですね。
DSC06874.jpg

本日も無事に登って来ることができました。
この周回コースは三ツ頭から下がかなり長く感じるのですが、これからの時期はカラマツの新緑が綺麗そうですね。
帰り道、八ヶ岳高原ラインを通りましたが、西日を浴びた新緑と緑のまきばと牛の姿がまるでリゾート地のようでした。r(^ω^*)

本日の行程
9:10 観音平(標高1,570m)スタート
9:39 雲海(標高1,880m)通過
10:04 押手川(標高2,100m)通過
10:48 編笠山山頂(標高2,524m)到着、小休止
11:18 青年小屋前(標高2,400m)通過
11:52 のろし場(標高2,530ⅿ)通過
12:03 ギボシ山頂(2,700ⅿ)通過
12:22 権現岳山頂(標高2,715m)到着、大休止
12:45 下山開始
13:13 三ツ頭(標高2,580m)通過
13:53 木戸口(標高2,240m)到着、小休止
14:51 八ヶ岳横断歩道合流
15:12 観音平到着

五月晴れ!ヽ(*^^*)

今日はそのままポスターに使えそうなほどの良いお天気です!オオーw(*゚o゚*)w

DSC06760.jpg

高原大橋の辺りも新緑が始まってきました。
DSC06756.jpg

まだ白い富士山もくっきり・・・。
DSC06758.jpg

風の季の庭木のモミジも鮮やかな黄緑色になりました。
DSC06766.jpg

まきば公園では牛の放牧が始まったようです。
風も無いし、絶好の登山日和ですねぇ・・・。((^┰^))ゞ テヘヘ

新緑の季節です。ヽ(*^^*)

超大型連休の最終日。
最後のお客様がチェックアウトされた後の風の季です。
DSC06706.jpg

連休が始まった頃はまだ葉が出ていなかった庭木も鮮やかな若葉が出てきています。(曇り空なのが残念・・)
雪柳の花も白く綺麗に咲いています。

野鳥の背景も緑色に!((^┰^))ゞ
DSC06705.jpg

個人的には紅葉、新緑の季節が最も快適で美しいと思います。(連休や夏休みの後だから安堵感があるからかもですが)

この連休、例年とは違い10連休だったこともあり、風の季にご宿泊いただいた人数は約130名様!w(*゚o゚*)w
年間の宿泊人数の1割に近い人数です。すごいですねえ10連休!

道路も渋滞等もあり、お越しいただくのも大変だったと思いますが、周辺の観光施設にとっても大変ありがたい10日間でした。
風の季に初めてご宿泊いただいたお客様も多く、期待外れな点も多々あったかと思いますが、家内の料理を褒めていただいた方も大勢いらっしゃって、本当にありがとうございました。

普段はとても静かな場所なので、また機会を見つけて遊びにお出かけいただけたら嬉しいです。

八ヶ岳南麓は新緑の鮮やかな季節を迎えました。
夏休みまではまた静かな観光地に戻りました。(冬よりは人がいますけど・・)
爽やかな高原へ是非お出かけください。(^o^)/




ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業15年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事