風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

さようなら!清里ピクニックバス (^o^)/

DSC02095_convert_20170427215415.jpg

春から秋までの間、清里の観光地を回る「清里ピクニックバス」という観光路線バスがあります。
観光地にふさわしいお洒落な外観の車両は、JRでお越しの方にとって手軽な移動手段としても人気を博してきました。

ところが現在の車両は老朽化のため運行が今年いっぱいで終了してしまうことになりました。(来年からは違う車両(普通のバス)になるそうです。)

そこで今年は「ありがとう!初代ピクニックバス レトロな車両のラストラン特別企画!」が行われるそうです。
★記念周遊券は黒井健さん掻き下ろしのイラスト入り!
★小学生も周遊券が無料になります!(保護者1名につき2名まで)
★周遊券の提示で周辺施設の特典が受けられます!

お車でお越しの方も、記念に乗車してみてはいかがでしょうか。(近くのバス停の近所には無料駐車場もあります。)
風の季でも、記念周遊券の販売を行っていますので是非ご利用ください!(^o^)/
スポンサーサイト

観音平~網笠山、権現岳、三ツ頭の周回コース

北杜市内から八ヶ岳の登山口(天女山・観音平)に向かう2本の県道があります。
冬季は閉鎖になる道路ですが、先週末に規制解除になりました。

今年はまだ、編笠山に登っていないので、早速本日登りに観音平に行ってみました!

平日なのに既に4台の車が!人気のコース。
9:18 観音平(標高1,560m)出発!
DSC01879_convert_20170425181245.jpg

野鳥のさえずりが聞こえます。ルリビタキもいましたが写真は撮れませんでした。
押手川近辺から残雪が現れます。
DSC01887_convert_20170425181317.jpg

11:10 編笠山山頂(標高2,523m)到着。
他に2組の登山客がいたので、しばし談笑。思いのほかよく晴れています。
DSC01893_convert_20170425181346.jpg

少し物足りないので、権現岳へ向かうことに。
一度青年小屋まで降りて登り返します。振り向くと丸い編笠山が綺麗に見えます。
DSC01898_convert_20170425181426.jpg

ギボシに向かう登山道、夏場でも滑落者が」出る場所ですが・・・。
DSC01912_convert_20170425181503.jpg

ギボシから権現小屋に向かう稜線。積雪期に歩くのは初めて。
風が強かったらやめにしようと思っていましたが、今日は風も無くポカポカなので渡れました。
DSC01919_convert_20170425181559.jpg

権現小屋の上にある分岐点(権現岳の目の前)で赤岳・阿弥陀岳を見ながら昼食。
少し雲が出てきていますが最高に贅沢な眺めです。
DSC01922_convert_20170425181703.jpg

13:20 権現岳山頂(標高2,715m)登頂!そのまま下山します。
DSC01941_convert_20170425181937.jpg

14:01 三ツ頭山頂(2,580m)通過。権現岳からはシャーベット状の残雪でかなり歩きにくいです。
DSC01947_convert_20170425182016.jpg

三ツ頭から甲斐小泉方面へ下山します。ここもトレースがほとんどなく歩きにくいです。
16:30 八ヶ岳横断歩道に合流
16:52 観音平到着。

黄葉の時期に特におすすめのコースですが、残雪期はさすがに歩きにくいヵ所が多々でした。
GWにお越しの方も、軽アイゼン以上の滑り止めをご用意ください。
5月下旬になれば、夏山装備で大丈夫です。

北杜市の桜 (「・・)ドレドレ..

見頃を迎えている、名所に立ち寄ってみました。
昨日一昨日と強風が吹いていたのですが大丈夫だったでしょうか?

長坂町の牛池。
住宅街の中にある都会の公園のような?場所ですが、バックに甲斐駒が見えるのでなかなかの眺めです。
DSC01660_convert_20170420175709.jpg

大泉町の谷戸城跡。
風の季のある大泉のシンボル的な存在の場所です。
DSC01670_convert_20170420175724.jpg

今日は午前中は青空だったのですが、午後は空もずいぶん霞んでしまい、残念でした。
午前中ならもっと綺麗に見えていたと思います。 (=ω=。)

この2カ所も見頃は今週末くらいまででしょう。
それよりも標高の高い場所の山桜はまだまだこれからお楽しみいただけそうです。


眞原の桜並木

風の季の庭のコブシの花が咲き始めました。(^^)
DSC01397_convert_20170417162536.jpg

日中はお天気ももちそうなので、眞原の桜並木(武川町)へ行ってみました。
すでに見頃が始まっています!
DSC01401_convert_20170417162601.jpg

雲が高いので甲斐駒も見えているのですが、青空でないのが残念です。
桜の色も晴れていればもっと綺麗に見えたことでしょう。
DSC01405_convert_20170417162620.jpg

他の名所では清春芸術村も見頃が始まっています。
神田大糸桜と谷戸城址は今週後半から見頃となりそうです。(^▽^)/

今年初の赤岳登山・・・のはずが、σ(^_^;)

天気は良いし、桜も見頃!なのですが、お客様の予約も無いので今年まだチャレンジしていない赤岳登山に出かけました。
登山口に向かう途中の高原大橋の八ヶ岳。
春霞がかかっていますが上の方ではきっとクリアに見えることでしょう。
DSC01201_convert_20170414162355.jpg

久々の大門沢林道入口です。
ここから先は雪に覆われています。
この先から真教示尾根に上がる予定です。うちの辺りでもまだ聞こえないウグイスの鳴き声が響いています。
DSC01204_convert_20170414162417.jpg

昨日以前のトレースがついていますが、見たことのない足跡らしきものが・・・。
最初はアイゼンかな?と思ったのですが、獣のようです。(゚ロ゚;)
大きさはにぎり拳より一回り程大きいサイズ・・・・。 「熊?」
DSC01205_convert_20170414162435.jpg

背筋をすーっと冷たいものが・・・。
万一、出くわしたらお互いに不幸なことになるので、Uターンして戻ります。
どうしようかと思ったのですが、せっかくなので天女山口から権現岳に登ることにしました。
尾根道なので熊に会うこともないでしょう。

9:05 天女山入口を出発!
標高1700m以下は全く雪がありませんが、その以上は春の湿った雪が覆っています。
11:43 前三ツ頭通過
かなりペースが悪いのと靴が濡れてしまったので、帰ろうかと思ったのですが、三ツ頭まで行くことに。
前三ツ頭から先は、トレースもありません。・(×_×)・゚

12:33 三ツ頭(標高2580m)登頂!
権現岳、赤岳、阿弥陀岳の雄姿が出迎えてくれました。
DSC01210_convert_20170414162511.jpg

靴はビチョビチョだし、景色を堪能しながら昼食をとり、写真を撮って下山です。
赤岳はまた次回のお楽しみですね!
DSC01222_convert_20170414162548.jpg

下山途中で、茅野在住の日本語ペラペラの外人さんとカモシカとミソサザイ?に出会いましたがどれも写真は撮れず・・・。

15:40 天女山口に到着です。
※今月下旬には、天女山頂までの道路が通行可能になります。 (^o^)/

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業13年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事