風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

飯盛山登山 (^o^)/

三月に入り、寒い日でも朝の最低気温は-3度くらい、ずいぶん暖かくなりました。
これからはできる限り山歩きをしたいですね。
今年まだ登っていない飯盛山へ出かけてきました。

登ると言っても、登山口から山頂までの標高差は200m。小学生がハイキング遠足でも利用する手軽な山です。
初心者にも安全に楽しめる山で、手軽な割には山頂の眺望が良いのでお客様にもお勧めしています。
風の季から登山口の平沢峠駐車場(獅子岩)まで車で約20分。
JRの方は野辺山駅からも歩いていくことができます。

9:35 平沢峠駐車場(標高1450m)を出発!
八ヶ岳に雲がかかっているけど、山頂に着くころには晴れるかな?
DSC09769_convert_20170307120041.jpg

登山道の途中で振り返って見る景色がまた好きです。
道は踏み固められている圧雪です。チェーンアイゼンがおすすめですね。
DSC09770_convert_20170307120100.jpg

樹林帯を抜けると目指す飯盛山が見えてきました。
この辺りから、圧雪がなく、ぐちょぐちょの泥道です。(T▽T;)
例年、春先から5月下旬頃までこんな状態が続きます。巻き道を使わず、平沢山を経由した方がましです。
DSC09772_convert_20170307120209.jpg

10:12 飯盛山山頂(標高1643m)到着!
今日は景色は残念でしたね。こんな日もあります。
DSC09774_convert_20170307120224.jpg

休憩後、下山。(帰路は平沢山経由)
10:51 平沢峠駐車場着

これから登山を始めようと考えている方! 体力に自信のない方! おすすめですよ!(^o^)/
スポンサーサイト

最近の野鳥たち。ヾ(・◇・)ノ

久しぶりに野鳥の写真を投稿します。
実は今日、久しぶりにベニマシコ(メスですけど)がやって来ました。
最近は鳥の写真はもっぱらインスタグラムに投稿していますのでアカウントをお持ちの方は是非一度ご覧いただけると幸いです。
インスタに投稿した中で、少しまともに撮れているものをピックアップしました。

ベニマシコ(メス)・・・夕方水浴びにやって来ました。明日はオスも来るかな?ヽ(*^^*)ノ
DSC09573_convert_20170303175251.jpg

カワラヒワとヤマガラ・・・餌争いしてるのに楽しそう。(;^_^A
IMG_1269.jpg

アトリとシメ・・・共に冬鳥なのであと1ヶ月くらいで去ってしまいます。
IMG_1287.jpg

シジュウカラ・・・餌を与えると真っ先に来るのが彼らです。
IMG_1328.jpg

ゴジュウカラ・・・ここでは一年中いる鳥ですが、お客さんには人気があります。
IMG_1336.jpg

アトリ・・・群れで来るので、餌がすぐになくなります。来れないように壁を作ってしまいましょうか・・。
IMG_1338.jpg

エナガ・・・これも人気がある可愛い鳥です。うちには夕方、水浴びしにやって来ます。
IMG_1364.jpg

ヤマガラとコガラ・・・コガラは春先になると鳴き方が変わります。求愛行動なのでしょうか?
IMG_1384.jpg

スズメとアトリ・・・スズメも冬だけは餌代にやって来ます。いつも争いが絶えません。
IMG_1449.jpg

風の季のテラスはいつも野鳥たちが賑やかにしています。
インスタグラムを見て、ご宿泊いただくお客様も増えてきました。

三月に入り、そろそろ冬鳥たちが移動する季節です。また変わった鳥たちがやって来るのが楽しみです。(^o^)/

権現岳登山 ヽ(^◇^*)/

二月も早いもので明日が最終日。
今月はまだ登山に出掛けていなかったので急遽権現岳に登りに行ってきました。

冬季のお馴染の天女山入口からのスタートです。
実は昨日の日曜日、登山口に多くの車が停まっていたので、雪の上にトレースができているのではないかと・・・。

8;57 天女山入口(標高1370m)をスタート!
スタート直後にチェーンアイゼン装着です。σ(^_^;)
しっかりトレースができているのでスイスイ歩けます。少し飛ばし過ぎました。
11:00 前三ツ頭(標高2364m)到着。ガスってます。帰ろうかと思いました。
標高1900m辺りからここまでが一番きついかも・・・。
DSC09318_convert_20170227173646.jpg

11:35 三ツ頭(標高2580m)到着。
予想に反し、青空が広がっています。すごく深い青色です。雪の反射がとても眩しいです。
DSC09319_convert_20170227173711.jpg

権現岳の山頂の岩が間近に見えてきました。ここもトレースはばっちりです。
いつもの登山道とは少しずれているようでした。
DSC09328_convert_20170227173834.jpg

12:20 権現岳山頂(2715m)登頂!今年初めてです。
いつもは強風なのですが今日は微風です。
DSC09337_convert_20170227173942.jpg

雲の様子からひょっとしたら・・・と思っていましたが、やはり見えました。
ブロッケン現象!オオーw(*゚o゚*)w
DSC09333_convert_20170227174239.jpg
昨年12月に見たときはもっと太陽が低かったので、見える位置が高かったですけど今日は低かったです。
ここは地形的に見える確率が高いのでしょうね。

山頂の少し先の登山道分岐付近で昼食です。
残念ながら赤岳は雲の中でしたが、ブロッケン現象も見られたし、冬季の権現岳に登れたし満足です。
DSC09342_convert_20170227174310.jpg

よく見ると、赤岳方面の稜線にも足跡が・・・。昨日誰か歩いたのでしょうか?
強風の時はかなり怖い尾根道です。

12:53 下山開始。
15:27 天女山入口着

3月もまた来たいですね。風がなければ編笠山に回ってみましょうか?(^o^)/


天女山~三ツ頭登山 (^o^)/

先週あたりから風も無く極上の冬晴れの日が数日ありました。
今日もそんな感じの予報なのですが、お客様の予定もないので今年初登山に行ってみました。(^o^)/

積雪期なので、一番近い天女山入口から三ツ頭方面へ登ってみることに。
冬の青空の中の白い八ヶ岳の眺めが楽しみです。

9:07 天女山入口(標高1370m)出発!
登り始めてすぐにチェーンアイゼン装着です。((^┰^))ゞ テヘヘ

9:28 天女山頂(標高1528m)到着。目指す三ツ頭と権現岳が青空に映えています。
DSC08135_convert_20170131174305.jpg

しばらく進むと樹林帯の開けた場所からまた綺麗な山の景色が!
(このコースはほとんど樹林帯なので稜線に着くまで八ヶ岳の景色はほとんど見えません)
DSC08136_convert_20170131174342.jpg

標高2000mくらいからトレース(踏み跡)がなくなりました。w( ̄△ ̄;)w
週末誰も登っていないのでしょうか?
新雪状態の上を歩かなければなりません。膝上までずぼずぼ沈みます。
何度も心が折れそうになりましたが、見えました!前三ツ頭。
DSC08137_convert_20170131174408.jpg

11:52 前三ツ頭(標高2364m)到着。
もうここで引き返そうかとも思いましたが、三ツ頭は目の前だし、そこまで行かないと景色も見えないし・・・。
DSC08145_convert_20170131174540.jpg

案の定、ラッセル地獄が続きます。綺麗なんですけどね・・。
DSC08149_convert_20170131174632.jpg

振り返ると、富士山が綺麗。(*'_') ジッ
DSC08152_convert_20170131174709.jpg

13:29 三ツ頭(標高2580m)登頂!
三ツ頭登頂がこんなに嬉しかったこともありません。
見たかった景色も期待通りです。
DSC08167_convert_20170131174812.jpg

赤岳のこういう写真、撮りたかったんです。r(^ω^*)
DSC08163_convert_20170131175324.jpg

13:56 予定を大幅にオーバーしているので、写真を撮りまくり、急ぎ昼食を取って下山します。
約2時間で天女山入口到着予定でしたが、天の河原の下で、八ヶ岳の有名人T氏と会ったので、視察にお付き合い・・・。
なんでも、この登山道に天と地の堺があるのだそうです・・・。

通常は天女山入口から三ツ頭は約2時間半弱の行程ですが、今日は4時間半弱かかりました。
スノーシューかワカン(持ってないけど)を使用したらもう少し体力をキープできたかもしれません。
いずれにしても最高の景色を見られたのは良かったです。 (^o^)/

今日の八ヶ岳(高原大橋より)

ここ数日、強い寒波の影響で、八ヶ岳は長野からはみ出した雪雲に覆われていましたが、今日は朝から快晴です。
DSC07526_convert_20170118102638.jpg

雲一つない青空の下、白さを増した山の景色はとても美しく見えます。
DSC07536_convert_20170118102711.jpg

こんな日はスキーも雪山登山もとても気持ち良いでしょうね。
DSC07531_convert_20170118102656_convert_20170118104722.jpg

来週、こんな天気の日があったら是非登りに行ってみたいな。
スノーシューも持っていった方が良さそうですね。

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業12年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事