FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

梅雨明けは来週?「(゚ペ)

記録的な長雨の天気が続いています。(;へ:)
海の日の三連休も、予報ほどではありませんでしたが、毎日雨が降り、陽が出ることはありませんでした。
DSC08853.jpg

初日&二日目は満室のご予約をいただいておりましたが、お客様の心情を考えると辛いものがありました。
どうせなら、山の景色と爽やかな気候をお楽しみいただきたかったですね。
とはいえ、うちも生活がかかっているので「天気が悪そうだから別の日にしませんか?」とは言えないですし・・・。

それでもお越しいただいたお客様の中には、「雨のおかげで緑がとても綺麗で良かった!」などと仰っていただいたり・・・、本当にありがたかったです。
DSC08868.jpg

個人的には、夏よりも新緑や紅葉の季節がより美しく、山の景色の見える確率が高くておすすめなのですが、宿泊旅行は圧倒的に夏休み期間中が多いため、せめて爽やかに感じていただけるような本来の気候であってほしいと強く感じました。

週間予報によるとようやく来週あたりから晴天マークが出始めています。
一日も早く、本来の夏らしい天気になりますように、お願いします。(-m-)
スポンサーサイト

梅雨空が続いています・・・。::( ^^)T :

例年になく梅雨らしい天気が続きます。
6月初旬の梅雨入り以降、山が見えるような晴天はほとんど無かったような・・・。
気温も低く、未だストーブを点ける日も珍しくありません。

そんな気候ではありますが、お客様が多くなる夏を前に、セメントをこねてみました。「(゚ペ)

風の季の入口に小さな橋が掛けてあるのですが、そのコンクリートが昔から少し陥没していて、その補修を行いました。
今までも通行はできたのですが、車が多少揺れるので、気分悪いだろうなあ・・・と。(^^;

でも今までセメント工事などしたことなかったので、ちょっとネットで調べてみたらできそうな気がしたので早速やってみました。
DSC08732.jpg

あいかわらずの雑な作業ですが、とりあえず、スムーズに通過できるようになったと思います。(^^;

使用したセメントは100キロ!
最初50キロ用意したのですが、意外に足りませんでした。(^^;

また、セメントには砂と砂利も入っていて、混ぜるのがなかなか大変でしたよ。

今後、セメントをこねることがあるかどうか分かりませんが、良い勉強になりました。(#^.^#)

甲斐駒ヶ岳登山(日帰り・黒戸尾根ピストン)

関西からのお客様(登山目的の常連さんご夫婦)が黒戸尾根を使って甲斐駒ヶ岳に登りにお越しになりました。
私事ですが、あともう一回、黒戸尾根日帰り登山をやってみたかったので、一緒に行くことに・・・。
※私は日帰りなので登山口から別行動でしたが・・

ちょうど天気も良く、6月という陽の長い季節なので、しばらくぶりでしたがちょっとワクワク!

竹宇駒ケ岳神社の駐車場は、早朝にもかかわらず、多くの車が停まっていました。
さすが、人気コースですね。晴れ予報をみて急遽来られた方も多いのでしょう。
人が多ければ、クマが出る心配もあまりないかな?(^^;

6月に登るのは初めてでしたが、山の上は新緑や高山植物の花が綺麗でしたよ。
DSC08205.jpg

五合目到着、既にかなり疲れています。足も痛いし・・・。
これから急な道になるというのに・・・。(^^;
DSC08209.jpg


山頂間近のビュースポット。富士山に雲がかかってしまいました。
この辺りで下山してくる早朝からの日帰り登山者に数組遭遇。自分がヘロヘロ状態なのに皆元気そうです。(^^;
DSC08223.jpg

前回より30分以上余計にかかって山頂に到着。いつもならすぐに写真を撮るのですが、今日はしばらくひっくり返ってました。
30分程休憩している間に、北沢峠からの登山者が何組も上がってきました。(こちらは若い方が多かったです。)
ちなみに山頂の標高は後ろの岩ではないと思うのですが・・・、あの岩の上の方が高そうです。2mほど・・。(^^;
DSC08233.jpg

下山中、八ヶ岳と八ヶ岳に向いた鉄剣と石碑をパシャリ!きっと何か意味があるのでしょうね。
DSC08235.jpg

黒戸尾根は長く標高差も2,200mと日本では屈指の厳しいコースです。
でも七条小屋の皆さんが登山道を整備してくださっているおかげで、危険個所も少なく、安心して登ることができました。
ただ、体力が落ちてきているためか、今回は特に厳しかったですね。
5回も登ったし、日帰りは今回でやめといた方がよさそうです。

今日の行程
6:15 竹宇駒ヶ岳神社駐車場(標高770m)を出発
7:30 笹の平(標高1,540m)到着 小休止
8:36 刃渡り通過
8:52 刀利天狗(標高2,070m)通過
9:23 五号目小屋跡(標高2,150m)到着 小休止
10:12   七丈小屋(標高2,383m)到着 小休止
11:02 八合御来迎場(標高   m)
11:59 山頂(標高2,967m) 到着 大休止
12:28 下山開始
13:07 八合御来迎場通過
13:37 七丈小屋到着 小休止
14:27 五号目小屋跡到着 小休止
15:05 刀利天狗通過
15:17 刃渡り通過
16:10 笹の平到着 小休止
17:28 竹宇駒ケ岳神社駐車場着

梅雨の晴れ間!

今年は梅雨らしいお天気が続く6月ですが、今日はとても良いお天気でした。 d(⌒o⌒)b
朝食前に高原大橋へ行ってみましたが、山もくっきり、緑も鮮やかな絶景でした。
DSC08033.jpg

富士山は積雪があったようですが、八ヶ岳は順調に夏山の姿になってきていますね。
登りに行けないのが残念!(^^;
DSC08031.jpg

テラスではスズメの親子が毎日騒々しく食事タイムを過ごしています。
DSC08009.jpg
これから幼鳥の種類も増えてくる季節です。楽しみですね。

しっとりとした雨も良いですが、やはり晴れた日は格別ですね。早く梅雨、終わらないかな?

ジョウビタキの幼鳥!ヽ(^◇^*)/

ここ数年、八ヶ岳南麓でも一年中滞在するようになってしまっているジョウビタキ。(本来は日本には冬しかいないはずの野鳥です)
風の季の近所でも朝夕、「ヒッ!ヒッ!」と鳴きながらウロウロしているんですよ。(^^;
そして時折、テラスにやって来て水浴びを行い、お客さんの目を楽しませてくれています。

今日、水道工事の業者さんが来たので、庭で作業の様子を見ていたら、ジョウビタキがやたらと行ったり来たりしています。
どこへ行くのかな?・・・と観察していると・・・。

いました!ちびジョビ!ヽ(^◇^*)/
DSC07570.jpg

庭の隅の木に、ジョウビタキの幼鳥がいました!
巣立ってまだ日が浅いのでしょうか?あまり飛ぶのは上手くない様子。

親鳥が餌をせっせと運んできていました。((^┰^))ゞ
DSC07566.jpg
しばらくはこの光景が見られそうです。

無事に大きくなれると良いですね。
独り立ちして風の季のテラスに水浴びに来る日が楽しみです。(^o^)/

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業15年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事