FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

雪化粧 ヽ(^◇^*)/

一昨日の夜、風の季の周辺にも今年初めての雪が降りました。
少しですが、積もるレベルの降雪です。
その後雨に変わり、溶けてしまいましたが山の上の方は・・・。

樹林帯の上は綺麗に真っ白です!
DSC00729.jpg
昨日は終日雲を被っていたのでこれは今朝の画像です。

本格的な冬山の見え方になりました。
人を寄せ付けない神々しさを感じますね。
DSC00730.jpg

こうなってしまうと、赤岳へは登れません。(ピッケル無しの南東ルートは・・)
来春までお預けですね。((^┰^))ゞ
スポンサーサイト

たぶん、今年最後の赤岳登山((^┰^))ゞ

12月に入り、パタッと予約が止まりました。r(^ω^*)
今まであまり行けなかった登山もさすがに寒い時は嫌だなと思ってましたが昨日から10月下旬のような気温に・・。
という訳で、今日、登山に行こうと思っていたら、昨晩雨が降りました。
いくら気温が高くても、山頂付近は雪だろうと思い、天女山から権現岳に登るつもりで朝、外に出てみると、八ヶ岳が白くありません。w(*゚o゚*)w

急遽予定を変更して赤岳に行ってきました!
登山道は多少湿ってますが、クリアに見えてます。
冬山の防寒服で登ったので、汗をかきます。(;^ω^A
DSC00475.jpg

大天狗を過ぎたあたりから、少し雪や霜柱が現れ始めました。
鎖場に入ると、岩に薄く氷が張ってますが、鎖は凍り付いていないので登れますが、足は結構滑りそうです。
DSC00483.jpg

山頂の雪もこの程度。
残念ですが、今日は山頂には他に誰もいませんでした。記念写真は自撮りです。(;^ω^A
DSC00495.jpg

いつもの山頂標識と富士山。富士山雪が少なくなったような・・・。「(゚ペ)
DSC00488.jpg

下界も良く見えます。高原大橋もちゃんと写ってますね。
DSC00493.jpg

下山時、鎖場はチェーンアイゼンを装着しました。
明日からまた気温が下がりそうです。赤岳は今年最後かな?
ちなみに天女山から権現岳は冬季も危険個所が少ないのでおすすめです。(天女山頂までの県道は4月下旬までは通行止めです。天女山入口交差点に数台は駐車できます。)

本日の行程
9:02 大門沢林道入口(標高1,670ⅿ)を出発
9:57 小天狗通過、少し先のビュースポットで小休止
10:47 大天狗通過
11:13 鎖場開始地点(標高2,650ⅿ)、小休止
11:57 赤岳山頂(標高2,899m)到着、大休止
12:31 下山開始
12:59 鎖場開始地点(標高2,650ⅿ)、小休止
13:29 大天狗通過
14:13 小天狗通過
15:02 大門沢林道入口到着

祝!2万名様達成!ヾ(@^▽^@)ノ

先日、開業来のご宿泊累計人数が2万名様を超えました。
2005年4月に開業し13年と7ヶ月、素人経営の宿にもかかわらず、温かいお客様に大勢お越しいただき、本当にありがたく心から感謝申し上げます。

ちょうど2万名様としてお越しいただいたのは、開業初期から何回もお越しいただいているお客様でした。
DSC00424.jpg
このことをお話したら、とても喜んでくださり、記念写真の撮影にも快く応じていただきました。

夫婦で営む弱小の宿ではありますが、近代的で便利過ぎる大型施設にはない、アナログで素朴な良さもあるかもしれません。
これからスキー場がオープンするまでの間は、年間を通じて最も静かな時期です。
寒いですけど、よかったら遊びにお出かけください。
近所の温泉から見える富士山がとても綺麗ですよ!(^o^)/

八ヶ岳(赤岳)登山 (^o^)/

今秋はおかげ様でお客様が続き、登山に行くほど暇を持て余すこともあまりなかったのですが、11月も中旬を過ぎ、昨日今日と予約が無かったので、本日行ってみました!山登り!

とはいえ、日の短い季節なので、甲斐駒ヶ岳とかは行けません。(日帰りだし・・)
最も近い八ヶ岳の赤岳に行くことにしました。(今回で通算25回目だし、雪が降ったら行けないので・・)
いつも使う県界尾根は、鎖場が凍り付いているかもしれないので、真教寺尾根から登ることに。「(゚ペ)

毎々ですが、朝ドラを見ながら朝食をとって、あれが無い、これが無いと探しながら着替えて出発!
なんと大門沢林道入口に車が3台も止まっています。(平日なのに・・・)

9:00に登山開始!
多少寒いですが、冬山用の服(上着はスキーウェア)なのでさほど苦痛ではありません。
グローブも厚いものを用意しましたがいつもの薄手でも大丈夫なようです。

扇山を過ぎると、目指す赤岳の雄姿が眼前に見えるようになります。
DSC09853.jpg

核心部の鎖場は振り返ると結構高度感がありますね。(;^_^A
DSC09858.jpg

竜頭峰からの赤岳山頂!もうあと少しです。
今日はなんと登山道(上り)で6組の登山者に遭遇しました。(皆ソロ男性)
DSC09862.jpg

さすがに晩秋、富士山もくっきりです。
眺めは良かったですが、さすがに寒いです。(((=_=)))
グローブを外してiPhoneをいじっていたら手指の感覚がなくなってきました。
DSC09870.jpg

山頂で出会った人たち(近くの人が多かったですね、諏訪とか長坂とか・・)と談笑し、県界尾根から下山します。

いつものビュースポット(小天狗の近く)で、振り返ってパチリ!
今後の降雪の状況によっては、年内にもう一度くらい来られそうですね。
DSC09877.jpg

小天狗から大門沢に降りる道、台風24号の被害で倒木等たくさんあったのですが、ほとんど片付けられていました。オオーw(*゚o゚*)w
土石流跡はさすがに治ってはいませんでしたが、ロープが張ってありました。
どなたがなさったか知りませんが、ありがたいことです。感謝感激でした。

今日は、アイゼンも使いませんでしたが、今後は冬山装備必携の季節です。
登られる際はくれぐれも安全登山で!(^o^)/

今日の行程
9:00 大門沢林道入口(標高1,670ⅿ)を出発
10:04 牛首山(標高2,280m)到着、小休止
10:21 扇山(標高2,356m)通過
11:10 鎖場開始地点(標高2,650ⅿ)、小休止
11:57 赤岳山頂(標高2,899m)到着、大休止
12:43 下山開始
13:38 大天狗通過
14:12 小天狗通過
15:07 大門沢林道入口到着

紅葉の季節の終わり

今日の風の季はこんな感じ。r(^ω^*)
DSC09806.jpg

ほとんどの庭木が落葉し、最後のモミジが頑張って紅葉を残しています。
今年の紅葉の季節も終わりの時期を迎えました。
風の季の周辺は例年より少しゆっくり目の紅葉でしたが、ここ数年の中では綺麗だったのではないかと思います。

風の季の自慢の屋内からのモミジはまだ多少は綺麗です。
DSC09784.jpg

最も美しい季節が終わるのは寂しいですが、落葉するとバードウォッチングには適した環境になります。
冬鳥たちも日に日に増えてきました。

数日前からアトリがやって来ています。
シベリアから来たのかな?ご苦労様。
DSC09712.jpg

今日は、カシラダカを目撃!
この野鳥は枝に止まりに来るだけで、水浴びとかは見たことがありません。
DSC09800.jpg

野鳥観察したい方、写真を撮りたい方はこれからの季節がおすすめですね。
そうそう、夜は星空観賞にもうってつけの季節ですよ!(^o^)/

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業14年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事