FC2ブログ

風の季オーナーの八ヶ岳の暮らし

脱サラして始めたペンション経営。そのために移り住んだ八ヶ岳南麓での暮らしのことを写真と稚拙な文章でお伝えしています。

Entries

飯盛山登山 (^o^)/

先日の寒波でも天気予報に翻弄されながら八ヶ岳南麓では雪が降りませんでした。
スノーシュー体験を楽しみにお越しいただいたお客様には残念な状態が続いています。(ー。ー)フゥ

本日、また権現岳にでも登りに行こうとしていたら、「飯盛山なら行こうかな?」と珍しく家内が言うので久しぶりに夫婦で山歩きをしてきました。

野辺山の獅子岩登山口には車が2台。
冬の平日ですが人気がありますね。σ(^_^;
登山道は稜線までの登山道には登山客に踏み固められた雪があります。
DSC02867.jpg

登っている最中は風も穏やかで快適でしたよ!
DSC02871.jpg

少し雲がありましたが八ヶ岳もバッチリ!
富士山は見えませんでした。
DSC02874.jpg

後から3組程登ってきました。
冬でも気持ちの良い場所ですからね。

帰り道、清泉寮でこの季節限定のチョコソフトを食べてきました。
寒いほどお得フェアの対象なので今日は30%オフでしたよ!ヽ(^◇^*)/ ワーイ
DSC02885.jpg

場所により、霜が溶けてグチャグチャの悪路もありますが、冬でものんびり歩きを楽しめる良い山です。

今日の行程
9:27 獅子岩登山口(標高1,450m)出発
10:20 飯盛山山頂(標高1,647m)到着、だらだら大休止
11:23 平沢山山頂(標高1,553m)到着
12:10 獅子岩登山口到着


スポンサーサイト

サラサラのパウダースノー、降りました!

例年に比べ降雪が少ない八ヶ岳南麓ですが、昨晩ようやく降りました!
サラサラのパウダースノーが風の季辺りで約10㎝。ヽ(^◇^*)/
DSC02352.jpg

雪かきは必要ですが、軽いし、量もそれほどでもないので短時間で済みましたよ。
とても良いお天気なので高原大橋まで行ってみました。
DSC02387.jpg

道路は除雪はされていますが全面着雪しています。
DSC02381.jpg

上の方はもう少し積もっていそうなのでようやくスノーシューもできそう。
今なら極上の雪の上を歩けそうです。(^o^)/

50代のソロ登山(天女山~権現岳)

先週末からまた寒気が入ってきています。
清里の飲食店の冬の恒例イベント「寒いほどお得フェア」でも最大割引である50%オフの日が多くなってきました。
例年に比べ降雪の少ない今冬ですが、今夜からまた少し降りそうなので、その前にと登山に行ってきました。
コースは積雪期の定番、天女山~権現岳です。(風の季から登山口が近いのと、眺望が素晴らしく、かつ、冬季でも比較的危険が少ないのでおすすめです。)

今朝起きてみると高曇りのお天気ですが、なんとかもちそうなので決行です!
前回よりも積雪量が増え、海抜1,800m以上では登山道はほとんど雪に覆われていますが、週末の登山客のおかげでトレースはしっかりしています。
前三ツ頭から先は稜線歩きが多くなりますが、急に風が強くなりました。
それでも樹林帯の中はまだマシです。
三ツ頭の手前で振り返ると富士山が・・・。
DSC02168.jpg

三ツ頭に到着!目指す権現岳です。
強風と寒さでくじけそうですが、あと少しなので頑張りました。
DSC02173.jpg

権現岳山頂手前の雪の斜面のトラバースに入る前に三ツ頭と富士山をパチリ!
DSC02175.jpg

権現岳山頂に到着!
かなりの強風です。覆っていない顔が凍傷になりそう。
DSC02177.jpg

通常は山頂から少し先の分岐で眺望を楽しみながら大休止するのですが、今日は寒くてそれどころではありません。
写真だけ撮って撤退です。
DSC02178.jpg

三ツ頭の先の樹林帯で、大休止。
家内にLINEしようとしたら、バッテリーが上がっていました。
さらに、ザックの中の炭酸飲料Fantaも半分凍っています。
天の河原まで下りて、再度電源を入れたら復活しました。寒さで一時的にバッテリーの限界を超えてしまったのでしょうか?

なんとか無事に下山しましたが、iPhone用にカイロもあった方がいいのかもしれませんね。
本日、登山口の天女山入口には他に車は停まっていませんでした。
登山道でも出会ったのは、昨日青年小屋前でテン泊したというカップル1組だけでした。

【本日の行程】
 9:07 天女山入口(標高1,367m)出発
 9:34 天の河原(標高1,620m)通過
11:04 前三ツ頭(標高2,364m)着、小休止
11:42 三ツ頭(標高2,580m)着、小休止
12:24 権現岳(標高2,715m)着、即下山開始
12:57 三ツ頭通過、少し先で大休止
14:27 天の河原到着、小休止
14:57 天女山入口到着

野鳥の箸置き ヽ(*^^*)ノ

昨年から製作している野鳥の箸置きです。((^┰^))ゞ
元々は、ペンションのお食事の時に使っていただくために作ったのですが、意外にも、欲しいとういう方がいらっしゃって、最近はペンションのお土産として販売もしています。(厚顔無恥とはこのことですね。)

なんと1年間で600ヶも購入いただきました。オオーw(*゚o゚*)w
DSC01916.jpg

冬季は極めて暇なので、最近また製作しています。
DSC01915.jpg

自分で言うのもなにですが、初めて作った頃に比べると少しマシになってきました。σ(^_^;)
DSC01914.jpg

種類もずいぶんと増えましたよ。(今回、キジバトが新たに加わりました)
DSC01917.jpg

郵送での販売もしています。
1ヶ300円、送料1回につき200円です。
おすすめはしませんが、よろしければお願いいたします。r(^ω^*)))

金ヶ岳・茅ヶ岳登山

三連休だというのに予約が入りません。r(^ω^*))
大晦日と元日を休みにした罰が当たったのでしょうか?反省しないといけませんね。

結局雪も降らなかったし、穏やかな晴天になったので、久しぶりに茅ヶ岳に登りに行ってきました。

茅ヶ岳は秩父山系に属する標高1,704mの山ですが、山頂からの眺望が良いことと、「日本百名山」の著者の深田久弥さんが亡くなった場所であることから、四季を通じて日帰り登山客に人気の山です。

風の季からだと、深田公園登山口まで車で約40分、明野キャンプ場登山口まで20分強で到着できます。
深田公園登山口の方が圧倒的に利用者が多いのですが、八ヶ岳の眺望も良い明野キャンプ場登山口からスタートしました。

登山道はずっと雑木林の中の道です。道にも全く雪はありません。
金ヶ岳の手前までは、土だけの滑らかな登山道が続きます。(下りは滑りそうです)
金ヶ岳まで後1kくらいから、岩がむき出してきて、崩落ヶ所もある狭い道になります。

金ヶ岳山頂手前200m程のところに、樹木の無い崖があり、そこからの八ヶ岳の眺望です。ヽ(^◇^*)/
DSC01770.jpg

そして金ヶ岳山頂。ここも眺望はイマイチです。
富士山の手前に見えるのが目指す茅ヶ岳ですが、標高は金ヶ岳より60mほど低いです。σ(^_^;
DSC01773.jpg

下って登って茅ヶ岳山頂に到着。
到着したときは他に誰もいませんでしたが、滞在している間に4組程登って来られました。
穏やかに良く晴れているので眺望も良く、皆さん喜んでいましたよ!
DSC01775.jpg

茅ヶ岳山頂から見る八ヶ岳。先ほどの金ヶ岳が邪魔になっていますね。((^┰^))ゞ
DSC01777.jpg

今日気付いたことですが、茅ヶ岳山頂からは高原大橋や清里は見えません。ということは、高原大橋辺りから見える茅ヶ岳と思しき山は金ヶ岳とその南側の無名峰ということだったんですね。

ちなみに、春先は凍っていた土が溶けてグチョグチョになります。(山頂及び登山道)
そういう意味では冬の穏やかな晴天時や晩秋あたりにおすすめの山でしょうか?(^o^)/

【本日の行程】
9:28 明野キャンプ場登山口(標高1,007m)出発!
10:43 金ヶ岳山頂(標高1,764m)到着、小休止
11:25 茅ヶ岳山頂(標高1,704m)到着、大休止
11:51 下山開始
12:21 金ヶ岳山頂到着、小休止
13:31 明野キャンプ場登山口到着

ご案内

プロフィール

風の季のオーナー

Author:風の季のオーナー
オーナー夫婦は1965年生まれ。
平成17年春に脱サラしてペンション経営を始めました。
今年で開業14年目になりましたが、依然として素人っぽい宿です。((^┰^))ゞ

最新記事